01 週末アフィリエイターLIFE

【メモ】Googleからのヒントをよく読むといいことが書いてあるぞ!!

GoogleがAIを使って検索意図に合った情報を表示させているというのは間違い。

Googleサイトに「必要事項をすべて記載してください。Google では、ページ内容を推測することはできません。」とはっきり書いてあります。

なので、検索意図を自分の頭で推測して(「検索クエリを使うといいよ」とも書いてあります)

丁寧にテキストでキーワード同士の関連性を階層化して記述している記事が上位表示されます。
 
GoogleはXMLと言う表記で構造化された文書が好きです。
XMLは簡単に言うとTitle タグやH1 H2 H3~などのタグを使った構造化された文書のこと
僕は検索意図の類似したキーワードをこのタグによってロジックツリーのように構造化したものをキーワードのクラスタ化と呼んでいます。

「Google でサイトを見つけやすくする」

「Google でサイトを見つけやすくする」という記事が
Google公式ページにあります。

https://support.google.com/webmasters/answer/9050677より

■以前話した
検索クエリを利用した記事の修正ことはこのように書かれています。

『ユーザーがどのキーワードで検索してサイトを見つけたのか? サイトのパフォーマンス レポートを開いて、下部にある検索クエリのリストを確認します。
想定する検索クエリでサイトが表示されているか? 表示回数で表を並べ替えて、適切な検索クエリの検索結果にサイトが表示されているかどうかを確認します。適切な検索クエリでサイトが表示されていない場合は、これらの検索クエリで表示されるように、サイトを再構成する必要があります。』

Googleさんわかりにくいですが、ちゃんと検索クエリを見ろといってるんですね(^_^)

■もうひとつGoogleの公式ページに

『完全な情報を提供する: 必要事項をすべて記載してください。Google では、ページ内容を推測することはできません。』

とあります。

つまりGoogleはAIではないということです。

Googleが求める完全な情報とは

完全な情報とはなにか?

Googleが言う完全な情報とは、つまり「コンピューターが理解できる情報」ということになります。

コンピューターが理解できる情報=XML形式(マークアップ言語)の階層化した構造の情報です。

金融機関やホテル、通販などに対応するAIといわれるのも
言語を分解してXML(マークアップ言語)としてパターンマニュアルを作り、音声のクエリに対して検索して読み上げで返しています。

つまり、Googleの検索となんら変わりないと言うことですね。

なので検索される記事もちゃんとGoogleが意味が検索しやすいように
キーワードをクラスタ化して、ちゃんと意味のある答えになるように階層化(H1~H5 化)し順序立てて書けば
検索意図にちゃんと返す文章ができるので上位表示ができます。

なのでプランナーに出てくるけど検索0のキーワードや検索クエリや
共起語も使います。
※上位サイトほどユニークな共起語が多いようです。

ただ、クラスタ化は数学的な分析は自動で出来ますが
言語分析は自動でできないためこれはブログを書く人の訓練によるスキルになりますね。

検索意図を元に分類して、類似性・関連性の高いキーワードで順序立て回答してゆくということですね。

この手法を身につければ最強です。

まずは「Google が出しているヒントを」

Google でサイトを見つけやすくする

https://support.google.com/webmasters/answer/9050677より

ユーザーがどのキーワードで検索してサイトを見つけたのか? サイトのパフォーマンス レポートを開いて、下部にある検索クエリのリストを確認します。
想定する検索クエリでサイトが表示されているか? 表示回数で表を並べ替えて、適切な検索クエリの検索結果にサイトが表示されているかどうかを確認します。適切な検索クエリでサイトが表示されていない場合は、これらの検索クエリで表示されるように、サイトを再構成する必要があります。ヒント:

テキストを使用する: 画像、動画、アニメーションなど、Google が容易に認識できないテキスト以外の形式で重要なページタイトルやコンテンツを掲載しないでください。サイトや会社の名前を示すために画像を使用する場合は、ページテキストにもその名前を含めます。
完全な情報を提供する: 必要事項をすべて記載してくださいGoogle では、ページ内容を推測することはできません。

話題性を考慮する: たとえば、アイスクリーム店でホット チョコレートも販売している場合、夏にはアイスクリームを、冬にはホット チョコレート(またはコーヒーやサンドイッチ)を掲載するようにしてください。冬にアイスクリームを検索する人はあまりいません。キウイ味アイスクリームが新たにトレンドとなり、店舗で販売している場合は、これを目立つように掲載します。

これらの検索クエリからサイト訪問者を獲得できているか? [平均 CTR] を選択し、これで並べ替えます。サイトの品質を向上して、クリック率を伸ばすことを試みます。ヒント:

他のサイトで注目を集める: 適切なウェブサイトでサイトを紹介してもらいます。地域のオンライン ニュースサイトやその他の適切なリソースで紹介してもらえるかどうかを確認します。

わかりやすい説明を記載する: 正確でわかりやすいページタイトルを使用します。ページあたりのトピックは 1 つに絞ることをおすすめします。

サイトを最新の状態に保つ: レストランのウェブサイトに 1925 年以来変更されていないメニューを掲載している場合は、更新してください。サルサパリラのような、廃れてしまったドリンクはあまり検索されません。