未分類

<執筆中>お金以上の信頼と仲間に恵まれた!コミュニテイの終了と6位入賞に思うこと

今年の11月をもってアフィリエイトのコミュニテイが終了します。このコミュニテイには3期から6期の2年間参加いました。

ブログ、youtube DRMの超大きなコミュニテイでこの半年間の成績6位が獲得できたのは自分自身にとって大きな意味がありましたが、それは成果報酬の金額ではありません。

サポーターとしての役割遂行の自己採点が今期の目標

実は5期で月額100万円+を達成したときに、仕事も忙しく次期コミュニテイになにか学ぶものはあるのか、少し疑問を感じたのは事実です。

残ろうと思ったのは
・素晴らしいメンターの方がいた事
そして
・講師(サポーター)の話が来たことでした。

サポーターの仕事とは

サポーターはコミュニテイのオーナーやメンターといっしょに会員の方々の技術的な部分やマインド面で文字通りサポートしながら成長の支援をしてゆくという役割になります。

副業でやるにはちょっと時間的に厳しくなるなと思いましたが、ここまで大きなコミュニティでこのような経験をつめることもないだろうな

と、考えサポーターを承諾しました。

知識やスキルの棚卸しと整理は重要

時間の無い中で会員のサポートをどのようにしてゆくのか
まずは、自分が提供できるスキル・ノウハウの書き出しと整理

これをコミュニテイ6期準備期間の5月できたことは非常に良かったです。

ここでのスキルの棚卸しと文章化は今後の自分の大きな資産となりましたし何よりも体系的に整理したので難しい問題に対しても外すこと無く的確に回答できたと思います。

空き時間を使ってできるサポーターの仕事

次に驚いたことですhが
仕事上。移動時間や5分〜10分程度の空き時間が非常に有効活用できおたことです。

会員時代あまり見なかった
チャットワークスは通勤中の日課となり、そのついでと言ってはなんですが
TwitterもはじめたのはGWが開けたころです。

ブログ執筆には厳しい短い時間もスマホからのチャットワークスの応答やTwitterには使えます。

逆にこうなると割と文字を書くメールの煩わしさにちょっと悩むことに。

コミュニケーションツールとして
チャットワークスやTwitterは本当に有効なツールです。

新しい情報や技術に、ありがとうの一言が嬉しい

困っている方に手助けすることも当然サポーターの仕事ですが常に新しい環境の変化などの情報提供も非常に大切な仕事です。

これが不足するとコミュニテイ全体が鎖国状態になって黒船が来ていることさえ気が付かない状況となります。

課題提起力を持って情報発信をしてゆくことは健全なコミュニテイ運営にとって欠かせないものです。

特に情報共有と試行錯誤の中からの生まれた
解決案の提示はコミュニテイの中の大きな財産になったのではないでしょうか?

この時期から、自分の情報発信や考え方について数名のファンというか熱列に支持してくれる方々がついてくれたのも事実です。

6期の終了とともに考えたこと

話は戻りますが、このコミュニティで6位というのは、仕事とアフィリの作業時間を考えれば非常に大きな成果でした。

実際作ったのは9月に1サイト

記事は雑記ブログも入れて16記事

ブログの添削や10月から始まった個別コンサルは自分のスキルのまたといない向上の機会でした。

また、コミュニティでの勉強会講師もさらなる情報発信に役立ち
とくに8月は北海道まででかけてメンバーの方とも交流も楽しいできごとでした

なのでブログのSEOなどの見極めスキルが格段に高くなったのはこのサポーターのしごとのおかげです。

Googleのアップデートもありましたが、記事を書かずに、狙ったキーワードの修正だけで月70万〜114万の成果がキープできたことは大きかったですね。

今後、について

実は6期でコミュニテイ終了は最初からアナウンスされていたので、仮に次のコミュニティが開催されてもそこには参加しないと決めていました。

次はギターのオンラインサロンをやりたく準備を開始していたのですが